Tel:
Email:

FXの取引をするようになって多くの人と交流するようになり、人脈がかなり広くなりました

私は数年前まではごく平凡なサラリーマンで、会社からもらえる給料もあまり多くないため生活をしていくのがやっとという状態でした。

しかし私はこのまま終わりたくないと思い、何かもっとお金を稼ぐ方法がないかどうか調べていたらFXの取引をすればお金をたくさん稼げることがわかりました。

そして私は早速FXの取引をすることにしました。最初はなかなか取引がうまくいかなかったのですが、私はなんとしてもお金を稼ぎたいと思っていろいろと勉強していくうちに徐々に取引がうまくなって利益を出せるようになり、5年後には月数十万円を稼げるようになり、多いときには月100万円を超えることもありました。

そして私は税金などの問題で法人化したほうがいいと思い、自分の会社を作りました。そして会社の名前でいろいろ活動をしていくうちに多くの人と交流することができるようになり自分の人脈がかなり広くなりました。

中途半端なエントリー

負けトレードでよくあるのは「中途半端」。特に初心者の方にありがちな負けトレードのパターンの一つです。中途半端な位置でエントリーしてしまうという意味で、中途半端なところでやってしまうトレードというのは、すごく後悔します。そういった部分を無くしていくことによって、結果的に自然に勝てるようになってくると思います。

キーワードとしては「波動」「値幅」の2つです。

「波動」とは、相場というのは波で上がっていったり、下がっていったりします。上昇トレンドのときでもずっと上がりっぱなしということはありません。上がったり下がったりしながら、上がってききます。中途半端なところでエントリーしないためには、なるべく波の基点のところを狙っていくということが重要になります。

基本的な考え方としては、波の基点に近いところからエントリーする、という方法を取ったほうが良いと思います。

次に「値幅」です。

ここでいう中途半端な場所というのは、高値抜けのエントリーのことです。
なぜ中途半端かというと、波の基点から考えるとだいぶ上がってきているからです。レジスタンスラインまでの値幅が大体10pipsくらいしかないとき、こういった場合にエントリーすると中途半端になってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Title 1

Phasellus porta. Fusce suscipit varius mi. Cum sociis natoque pena tibus et magnis dis parturient modayn test.

Read More
Page Title 2

Phasellus porta. Fusce suscipit varius mi. Cum sociis natoque pena tibus et magnis dis parturient modayn test.

Read More
Page Title 3

Phasellus porta. Fusce suscipit varius mi. Cum sociis natoque pena tibus et magnis dis parturient modayn test.

Read More
Page Title 4

Phasellus porta. Fusce suscipit varius mi. Cum sociis natoque pena tibus et magnis dis parturient modayn test.

Read More
Page Title 5

Phasellus porta. Fusce suscipit varius mi. Cum sociis natoque pena tibus et magnis dis parturient modayn test.

Read More